電奏楽団 天門ぶろぐ

アニメやゲームの曲を作っている天門の個人ブログです

隣の業界

本当に、突然ひょんな事から、
「小学館」漫画部門の感謝会に参加してきました。

サンデー感謝会1

毎年行われている忘年会のようなものですね。

このブログにたびたび登場していますが、
「週刊少年サンデー」で連載している
松江名俊さんと話をしていたら
「これからサンデー感謝会に出るんですよ」という由。

話によると、知り合いなら誰でも参加してよいらしく、
面白そうなので急遽、参加させてもらう事になりました。


場所は帝国ホテル。

サッカーでもできそうな大きな会場に着くと、
それはそれは物凄い人数で・・・。

おおよその目安として、漫画雑誌別に場所が
決まっており、天井から雑誌の名前が
書かれた幕がおりています。

サンデー感謝会2

他にもビッグコミック系列、少女漫画系列
などがありましたが、本当にすごい人数で、
たぶん千人は余裕で越えていたんじゃないだろうか・・・。

さながらコミケ会場のような活気(笑)

門外漢な私には、ほぼ知らない人ばかりですけど、
そんな中に知ってる人も見かけ、
世間は狭いな、なんて思いました。


二次会にも出ましたけど、第一会場と第二会場に
分かれていて、二次会って規模じゃない(笑)

ただ、ほとんどの人が第一会場に集まったため、
松江名チームだけ、人の居ない第二会場を占めてました(笑)

第一会場は、さらに個々のグループ別に
なんとなく席が定まった感じ。
人をよけながらちょっとグルッとひとまわりして
あれは誰々、あっちは誰々、などを教えてもらいながら
漫画の大御所の方々を遠巻きに眺め、
ちょっとミーハーな気分(笑)

まぁ、ちょっとどころじゃなくて
完全にミーハーな気分なんですが(笑)
もちろん、気安く話しかける、なんて事はできませんでしたけど。


しかし、そんなたくさんの人の中でも、
若手漫画家さんや漫画の編集者の中に新海さんの作品を
知っていただいてる方が居たりして
ちょっとうれしかったですね。


松江名さんのおかげで参加できたわけですけど、
関係してそうでしてなさそうな、
そんな微妙な、「隣の業界」の
一端を垣間見た感じで、なかなか楽しかったです。


[ 2009/12/16 11:52 ] つれづれ日記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する