電奏楽団 天門ぶろぐ

アニメやゲームの曲を作っている天門の個人ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

回顧録(5) ゲームを作る 2 

つい先日、当時そのゲーム作りに参加していた
旧友に会って、その頃の話をしました。

私は完全に忘れていたんですけど、旧友に聞いて
思い出しました。
作っていた最中、夜更けまでたむろしてハイになっている時。

夏の夜に稼動していた扇風機のフタを外し、
羽の真ん中の部分に、どうしたことかレコードを
両面テープかなんかで貼り付けて(笑)
扇風機を回転させて聴いてみようとか、まったく意味不明な
馬鹿な事をしてたんですよね(笑)

レコードの回転数って、たしか一分間に33回転とか45回転とか
なんですけど、扇風機で回して、いったい何回転なんだと(笑)
100回転は超えますよね(笑)

結果は覚えてないですけど、そんなの聴けるわけが無い(笑)


まぁ、そんな馬鹿さ加減でした(笑)


最終的には、現在ではほとんど見かけない
5インチのフロッピーディスクに、プリントゴッコで作った
ラベルを貼って、50枚くらい作ったんでしょうか。

ほとんど徹夜状態で目をこすりながら、
師匠に連れられて、夏の祭典に出発。
どういう所に連れて行かれるのか、まったく情報がなく、
ただ師匠の後にくっついて出掛けたわけです。

現在よく使用されている有明のビッグサイトではなく、
会場は当時の定番であった晴海の会場。

はじめてのコミックマーケット、通称「コミケ」は
強烈な印象として、その後の自分に少なからず
影響を与えることになるのでした。


つづく



[ 2009/08/14 17:19 ] 回顧録 | TB(-) | CM(3)
プリントゴッコ便利ですよね。
パソコンで年賀状を作るまでは使ってました。


昨日秋葉原のイベントでlittle explorerの楽譜を貰ってきました。
自分の耳コピ能力の中途半端さを痛感しました・・・w

天門さんの曲を聴くたびにバイオリンが弾けたらなぁ・・・と思いつつ
シンセのバイオリンでメロディラインを弾いてますw
[ 2009/08/16 12:22 ] [ 編集 ]
     
>5インチフロッピー
5インチのは使ったことないですね……
3.5インチ型は僕の世代でもまだ現物を使っていたことがありますが、既に後輩は知識の上でのものでしかなかったりするようです。
便利になったな~などと思いつつ、撤退のニュースをみて若干の寂しさを覚えます(笑)

今日(もはや昨日ですね(汗 )「little explorer」もやっと買えました!
やはりきれいな旋律でさらにに力強さもありいいですね。しばらくはずっと聞きます(笑
ドラムoff版が印象的でした。これだけで雰囲気がかなり変わるのですね。

それにしてもすごいですよ、アニメイト秋葉原店をはじめとする多くのお店で売り切れ続出みたいです。
数件お店まわって見つけました(笑
秋葉原電気外祭りで、無事楽譜ももらえたのでとりあえずいろいろやってみますね!
[ 2009/08/17 00:49 ] [ 編集 ]
>シンクラビアさん

どうもです。

>プリントゴッコ便利ですよね。

もうなくなっちゃったんでしたっけ・・・。


>昨日秋葉原のイベントでlittle explorerの楽譜を貰ってきました。
>自分の耳コピ能力の中途半端さを痛感しました・・・w
>天門さんの曲を聴くたびにバイオリンが弾けたらなぁ・・・と思いつつ
>シンセのバイオリンでメロディラインを弾いてますw

ありがとうございます~。

耳コピは意外に難しいですよね。同じコードでもルートが違うと
違う感じに聴こえますしね。
私もヴァイオリンが弾けたらかっこいいな、といつも思っています(笑)



>いわたかさん

どうもです。

>5インチのは使ったことないですね……

私も8インチとかになると使った事がないです・・。
今はUSBメモリとかで当時の何倍ものデータを収められるから、
技術はまさに日進月歩という感じですよね。



>「little explorer」もやっと買えました!
>やはりきれいな旋律でさらにに力強さもありいいですね。しばらくはずっと聞きます(笑

ありがとうございます~。
この手の曲は、もうefで固まった感じになっているので、
それをどう崩してゆくのか、がテーマになっていってます。


>それにしてもすごいですよ、アニメイト秋葉原店をはじめとする
>多くのお店で売り切れ続出みたいです。

ありがたいことですね~。
楽譜と、OFFverなどで、いろいろ弾いてみてくださいね。


[ 2009/08/19 10:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

天門2009

Author:天門2009
1971年東京都生まれ。
本名:白川篤史
1990年PCゲーム会社
日本ファルコムに
サウンドとして入社。
12年を経て退社後、
minoriに籍を置きながら
新海誠監督の映像などの
アニメの音楽に従事。

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。