電奏楽団 天門ぶろぐ

アニメやゲームの曲を作っている天門の個人ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

導きの少女と運命の日

またまたかなりご無沙汰しております。天門です。

来る8月12日月曜日、
コミックマーケット84の三日目に
参加いたします。
ブース: 西 け 1 8 a


「導きの少女と運命の日
The shepherd girl and the judgement day」

導きの少女と運命の日ジャケット


という新譜を出します。



かつて出した「風のセルフェリアス」という
アルバムと同じように、
ひとつのストーリーが元になっています。

ストーリーといっても、完全なものが
あるわけではなく、できれば聴き手に
想像を委ねられれば、というスタンスで制作しています。

ストーリーはひと言で言うと
いわゆる「厨二」ってやつですね(笑)

死神の運命を持った少女を中心とした
悲しいストーリーです。

歌モノが多いのですが、今回も
結月そらさんに作詞と歌唱をお願いいたしました。

私の頭の中にある漠然とした
内容を、作詞という形の言葉で具体化してくださり、
そらさんの才能をあらためて認識しました。

そらさんのご助力がなければ、
このアルバムは完成してませんでしたね。

感謝することしきりです。

そして、彼女からもメッセージを
いただいておりますので、ご紹介いたします。

----------------------------------------------------------------------
こんにちは、こんばんは、結月そらです。

天門さんから作品のイメージプロットをいただいた時、
私の中には、一人の可憐な少女が、
切ない表情で青年に対して大きな鎌を振り降ろそうとしている、
そんな情景が思い浮かびました。

作詞をするにあたり、
天門さんとは何度も何度もイメージのすり合わせをし、
作品内の青年像と少女像が誕生しました。

今回もジャケット画像がとても印象的で、
まさにこれが全てを物語っている、
と言っても過言ではないと思います。

今作は魂を導く少女と、
少女によって導かれる運命を持つ青年の物語です。

なるべくイメージを固定したくないというか、
皆さんに自由な解釈をしていただきたいのです。

なので、
このお話の背景や詳細については、
この作品が皆さんの手元に、耳に……
届いてからお話出来ればなぁと思います。

前作の電界紀行に通じる部分もありますので、
まだ聞いていないよ~、という方は、
こちらも合わせてぜひ!!

今回も天門さんワールド全開のアルバムです!
インストゥルメンタルと歌で綴られる不思議な世界を、
どうぞお楽しみください。

*そら*
----------------------------------------------------------------------

そらさん、ありがとうございました!

そして、ジャケットイラストも
お馴染みのNOZOMIさんにお願いしています。
そらさんもおっしゃっているように
印象的に仕上がってます。
時間のない所、このように素晴らしい
イラストを描いていただいてとても感謝しております。

また、イラストはお伝えしたストーリーの
イメージがそのまま具現化した、
と感じておりまして、
楽曲と共にこのイラストで
イメージを膨らませていただければ、と
切に思っています。


「電奏楽団」HPの「ALBUM」にて
全曲から抜粋したデモをご用意しておりますので、
ご興味のある方はぜひダウンロードしてみてください。


よろしくお願いいたします。

バナー



[ 2013/08/02 03:14 ] 導きの少女と運命の日 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

天門2009

Author:天門2009
1971年東京都生まれ。
本名:白川篤史
1990年PCゲーム会社
日本ファルコムに
サウンドとして入社。
12年を経て退社後、
minoriに籍を置きながら
新海誠監督の映像などの
アニメの音楽に従事。

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。