電奏楽団 天門ぶろぐ

アニメやゲームの曲を作っている天門の個人ブログです

回顧録(13)  オタクの群像(6)

そんなこんなで学生時代が終わりました。

師匠については前回記した通りで、
「部長」や松江名さんとはその後も交流を続けて行きました。

詳しいいきさつはわからないのですが、
部長は漫画家を養成する専門学校へ。
松江名さんはアルバイトを経て漫画家のアシスタントへ。

部長はたしか2作品ほど、漫画の出版社に原稿を直接持ち込みしました。
しかしあまり良い感触は得られなかったようです。

いろいろと稚拙な部分を指摘され、
プライドの高い部長は、自分の世界がわかってもらえない事、
またその世界に手を加えられてしまう事を
しきりにぼやき、嘆いていました。

負け惜しみにも聞えましたが、自分の作った世界に
過剰に愛情を注ぐ部長の本音だったかも知れません。

結局、紙の上に表現するための基本的な
絵の技術が追いつかず、頭の中で世界を構築する事のみに
熱中して満足してしまうために
その後、自然と漫画家の道をあきらめて行ったようです。


一方、漫画家のアシスタントに就いた松江名さんは
まさにプロの現場で直接、その空気を吸収。

「趣味」であったものが「仕事」になるので、自分が
満足しようが満足しまいが、やりたい事であろうが、
やりたくない事であろうが
おかまいなしにこなさないといけない、という
厳しい状況に身を投じる事になりました。


この二人の対照的な姿は、この世界に居る者として、
今でも思い起こされますね。

私もまもなくゲーム会社での生活が始まって
音楽が「仕事」になり、楽しかった「趣味」という気持ちが
叩きのめされる事になります。



つづく




[ 2010/02/23 10:06 ] 回顧録 | TB(-) | CM(2)
気になる
回顧録いつも楽しませてもらってます。今回は
良い所で終わってしまいましたが(笑)続きが
とても気になります。
[ 2010/02/23 19:19 ] [ 編集 ]
Re: 気になる
■フィリップさん
どうもです。

> 回顧録いつも楽しませてもらってます。今回は
> 良い所で終わってしまいましたが(笑)続きが
> とても気になります。


ありがとうございます。
今後は会社員時代について書こうと思ってるんですが、
ちょっとどうしようか迷ってますね。
その会社をどうのこうの言うつもりはないので、
ネガティブな話題をどうするのか、ちょっと悩みます。

[ 2010/02/26 09:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する