電奏楽団 天門ぶろぐ

アニメやゲームの曲を作っている天門の個人ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

回顧録(12) 架空のサントラ 

その求人広告はタイミング的にバッチリでした。

具体的な文面はぜんぜん覚えていませんが、
「コンポーザー(作曲)、サウンドスタッフ募集。
テープに自作曲を収録し、その曲の譜面と一緒に送付のこと」

憧れの会社でしたから、もう居ても立ってもいられずに
行動を開始しました。

そして今まで作った曲の中から、
一応、格好が付いている曲を選出。

全部で20曲ほどをテープのA面とB面に収録しました。

そのとき、「架空のサントラ」をイメージ。
一番最初の曲はオープニングっぽい曲、
一番最後の曲はエンディングっぽい曲、

という感じで、時折、ボス戦闘時のような曲も
織り交ぜて、ゲームのサントラ風に仕立てました。

そして、その中の一曲の譜面も作成。
譜面についてほとんど知識の無い状態なので、
とりあえず安い「譜面の書き方」的な本を
買って来て、見よう見まねで作りました。

たぶん、間違いだらけのいい加減な
代物だったと思われます(笑)

兎にも角にも、ダメで元々、という気持ちが
ほとんどでしたが、憧れのゲーム会社に資料を送付。


その頃、以前書いた私の師匠とは、接するタイミングや
趣味のズレから、段々と疎遠になっていきました。

奇しくも師匠の方の、それまでのオタク寄りの趣味が
ガラリと変化。

その、わずかな3~4年の間に師匠と親しくなって
なければ、また、師匠がゲームを作る趣味でなければ、
私もその後の道が開けていなかったので、
ちょっと不思議でしたね。

まるで、お互いに役目を終えたように、
接点が無くなりました。



そしてある日、会社から内定通知が到着。

これはとても嬉しかったですね。

「架空のサントラ」で20曲も送って来た、という所で、
印象に残り、お目にかなったようです。


この後より12年間、
会社のサウンドとして働く事になりました。




つづく

[ 2010/02/09 10:46 ] 回顧録 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

天門2009

Author:天門2009
1971年東京都生まれ。
本名:白川篤史
1990年PCゲーム会社
日本ファルコムに
サウンドとして入社。
12年を経て退社後、
minoriに籍を置きながら
新海誠監督の映像などの
アニメの音楽に従事。

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。