電奏楽団 天門ぶろぐ

アニメやゲームの曲を作っている天門の個人ブログです
-別アーカイブ  [ 2016-01- ] 

コミケC89 回想 その2

JOHNさんを見失ってしまいましたが、
途方に暮れる暇もなく、ある事実に気が付きました。

(この人の多さでブースに戻れない・・・)

いきおい出て来たのは良いものの、
渦のような人のカオスに
ふたたび飛び込む勇気もなく、
同じ東ながら、隣のホールにブースをかまえている
「ノナプルナイン」さんの元へ航路を変更。

途中で方向を間違えたりしながら
なんとかノナプルさんブースに到着。

しかし、主宰のpainfulchildさんの姿が見えません。


ここで持ち前の人見知りスキル発動。

見事に整然とディスプレイされたブースを
見届けると、自分の場所に戻る事に。

戻っても相変わらず列が出来ている状況は
変わらず、迂回しながら帰還すると、

私がなかなか帰って来ないので
お隣サークルさんにも心配される始末・・・。

ウチのサークルメンバーにもその間に
いろんな方がいらっしゃった事を聞いたのですが、
その中に、先程ノナプルナインブースにいなかった
painfulchildさんの姿もあったそうで、
見事に入れ違っていたようです。


その後も、次回サークル申込書を
買いに出かけたタイミングで
もう一度ノナプルブースに訪れるも、
painfulchildさんには会えず・・・。

すごすご帰ってくると、
また私の居ない間にpainfulchildさんがいらっしゃって、
ふたたび入れ違ってしまいました。

今日はもう会えない運命なのか・・・。

(painfulchildさん・・・(心の声))

そんなこんなでやがて良い時間になり、
お客さんの足も遠くなったので
そろそろ店じまい。

お互いに委託しあっていた事もあって、
この後の事を相談しようと
ノナプルブースに向かったのですが・・・。


二度ある事は三度ある法則を
発見した人はエライと思います。


というか、何も無く。

ノナプルブースが後片付けされた後で、綺麗に何も無く・・・。

(painfulchildさ~ん (心の声))


しかしながら、戻ってみると、
すっかり戦いを終えたpainfulchildさんとプログラマーの方が
私のサークルで待っていてくださり、
ほっと胸を撫で下ろします。


・・・という事で波乱万丈の(?)冬コミを後にしたのでした。


で、もうひとつ。
書こうかどうか迷ったのですが、不愉快な出来事がありまして。

こういうのもあるんだな、という事で書いておきます。

その日の終盤に差しかかろうか、という
頃合でしょうか。

「試聴させてもらっていいですか?」

という人が。

ぱっと見、50歳前半くらいに見える、小柄で
エヴァンゲリオンの碇ゲンドウの
コスプレをしている方。

しばらく試聴の後。

ゲンドウ 「音楽はプロとかですか?」

私 「はい。ゲームとかアニメとかを仕事にしてます」

ゲンドウ 「ゲーム音楽っぽいからそうだと思った」

私 「(ゲーム音楽畑なので)ああ、そうですね~」


ちょっと沈黙のあと、

ゲンドウ 「このヘッドフォンがあんまり良くないから
       本来の音じゃなかったかも知れませんね」

私 「そ、そうですか」


・・・なんかちょっと変な空気に。

ゲンドウはまだ何か言いたそうな表情で
沈黙していましたが、
その時ちょうど新譜をお買い求めの
お客さんがいらっしゃって、
そのタイミングでゲンドウはお隣さんブースへ。


お隣さんブースでも試聴をしていたようですが、
その後、何かぶつぶつしゃべっています。

お隣さんの売り子は女性二人。

あまり良く聞き取れはしませんでしたが、

「つまんないんだよね」

的な発言が耳に入って来ました。

我慢しながら対応している
売り子さん二人。

数分間、くどくどと言いたいこと言って
ゲンドウは去りました。

うーん。

そのお隣サークルさん、実はもうひとり
ちょっと威勢よさげなお兄さんがメンバーで
来ていたのですが、シマ中で手狭なゆえに
常駐せず、たまに帰って来る様子で、
その時はちょうどいなかったのです。

お兄さんがいれば、ゲンドウもぐちぐち
言わなかったであろう事と思います。

自分より弱い者には強く出る典型的クズ。

なんというか哀しくなりました。

思えば、手荷物は何も持っておらず、
はなから何も買うつもりはないのでしょう。

他のサークルにも
ひたすらケチをつけてまわっていたのだと思われます。


いい歳こいて、そんなのが生き甲斐、っていうのも
哀しい話で、さみしい余生を送るんだろうなぁ、という。

しょっぼい人生。


容姿はばっちり覚えたので
次、もし来たら塩まいて門前払い。


コミケは楽しかったですが、これだけが残念でしたね。

至極不愉快な出来事でしたが、
ああいう歳の取り方だけはしたくない、という
良い教訓にはなりました。

[ 2016/01/11 08:27 ] コミケ | TB(-) | CM(-)