電奏楽団 天門ぶろぐ

アニメやゲームの曲を作っている天門の個人ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

回顧録(14)  誤解

さて、プロフィールにも書いたように、
学校を卒業して日本ファルコムに入社する事になったわけですが、
数年前に見たネット上の書き込みについて気になる所があったので
ちょっと書かせていただきます。

書き込みは、私も名前を聞いた事があるゲーム音楽畑の或る人が、
「ファルコムの音楽として応募したものの、白川(私)に落とされた」
というものでした。

その情報が、本人が口にしたものなのか、
その人のファンによるものなのか、まったくわかりませんが、
これは出鱈目と言わざるを得ませんでした。

おそらく単なる憶測でそうなったんだと思います。

まず、第一に私の居た頃、社員の数は50人~60人くらい。
そして音楽チームだけ”ビッグボス”直々の管轄でした。
また個別の役職がほとんど無い状態。
人事部というのもありません(今はどうかわかりませんが)

そんな中、音楽の応募があると、一応、私もデモテープを聴いて
軽く意見を求められる程度。
しかし、この社員の規模、そしてほぼワンマンである
”ビッグボス”直々の部署であるがゆえ、
最終判断は当然ながらボスが下すわけで、
間違っても途中の段階で他の人が採用不採用を決定する事は
あり得ないわけです。

あと、一風変わったロマネスクのあった”ビッグボス”は
例えば音楽業界に染まった人間はあまり採用していませんでした。
新しい人材、才能を発掘するフロンティア精神のような
ものがあったのだと思います。


だから不採用になったのは誰々のせいだ、と
言われても困ってしまうし、そもそも音楽的な技量に問題が
あったのだとしたら、それ以前の話。


この手の憶測で判断して中傷するのはネットでは
日常茶飯事だろうし、現役の人間なら黙っているところですが、
私もやめてからだいぶ経つので、ちょっと書いてみました。


スポンサーサイト
[ 2010/04/28 08:58 ] 回顧録 | TB(-) | CM(3)
プロフィール

天門2009

Author:天門2009
1971年東京都生まれ。
本名:白川篤史
1990年PCゲーム会社
日本ファルコムに
サウンドとして入社。
12年を経て退社後、
minoriに籍を置きながら
新海誠監督の映像などの
アニメの音楽に従事。

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。