電奏楽団 天門ぶろぐ

アニメやゲームの曲を作っている天門の個人ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

音の主役たち : pro-53

今回の機材はNATIVE INSTRUMENTSから
発売された「PRO-53」

PRO53

Pro-53は、1978年にSequential Circuits社が発売した
アナログシンセサイザー「Prophet-5」をシミュレートしたソフトシンセです。

自分が音楽に目覚めるきっかけとなった
YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)が中期以降多用して
かなり有名になったシンセ。

私はpro53を「てんしのかけら」(2003年)という
ゲームで使ったのが最初でした。
ほんのちょっとピッチを不安定にした音がかえって暖かみや
味があって好きなんですけど、efのサントラでたまに
使ったりしたくらいで、最近は出番が減ってますね。

でも要所要所で使って行くと思います。

[ 2009/11/25 17:41 ] 機材 | TB(-) | CM(3)
プロフィール

天門2009

Author:天門2009
1971年東京都生まれ。
本名:白川篤史
1990年PCゲーム会社
日本ファルコムに
サウンドとして入社。
12年を経て退社後、
minoriに籍を置きながら
新海誠監督の映像などの
アニメの音楽に従事。

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。