電奏楽団 天門ぶろぐ

アニメやゲームの曲を作っている天門の個人ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いよいよ明日

いよいよ明日、新海監督の三作目の劇場映画、
「星を追う子ども」ロードショーが始まります。

私は、打ち上げの席のスピーチで、
完成したフィルムを試写で観た高揚感とお酒の勢いに任せて
「一番好きな作品」と言ってしまいました(笑)

と、言うのもその背景には、私自身が個人的に
冒険活劇モノが好みだ、という事もありますが、
制作作業において、私一人の手によるものではない、
という部分もあります。


そんな音楽も明日の公開に合わせて、サントラとして発売になります。



こちらも合わせて聴いていただければ幸いです。




スポンサーサイト
[ 2011/05/06 23:06 ] 星を追う子ども | TB(0) | CM(-)

音楽ノート

201101 003
これは私が新海さん作品用に使っている
音楽に関してのノートです。だいぶ年季が入ってます(笑)


201101 002
最初のページの頭には「2004年2/18(水)新海宅」とありますね。
これは「雲の向こう」の音楽に関しての打ち合わせでした。

汚い字ですね(笑)すみません。
しかも、「新海亭」と書こうとして字間違ったんでしょうか?(笑)


201101 004
これは「雲の向こう」の曲名を考えたメモ。


201101 006
これは「秒速」の曲名メモ。
正式の曲名と違ってるのがいくつかありますね。

字汚いなしかし(笑)


201101 001
今年で7年使ってるこのノートは、
なかなか終わる気配がなかったんですが、
今回の「星追い」の曲に関するメモ書きでだいぶ進みました。


こういう過去作品のメモとか見ると、なかなか感慨深いですね。


[ 2011/04/24 23:42 ] 星を追う子ども | TB(-) | CM(1)

初号試写

ついに完成した「星を追う子ども」の一般向け試写会が
行われる時期になりましたが、
先日、制作関係者を集めての「初号試写」に行ってきました。

いろいろと制作中にかいつまんで観ていましたが、
一本つながったのを通して観るのは初めてで、
緊張しながら観ました。

感無量ですね。

また、震災の後という事もあり、
若干、製作中の時と違う気持ちで鑑賞。


こういう趣味や嗜好的なジャンル、
たとえば音楽であっても、それでお腹が満たされる
わけではなく、そういう意味で複雑な気持ちがありました。

しかし、この作品を観ながら、
また、当日の打ち上げでいろいろな方のスピーチなどを
聞きながら、やはり必要な物なんだな、と思いました。


ぜひ多くの方に観ていただきたいと思っています。


[ 2011/03/31 23:41 ] 星を追う子ども | TB(-) | CM(-)

キャスト発表

「星を追う子ども」のメインキャストが発表されましたね。

主役は先日最終回を終えたばかりの「イカ娘」役の金元寿子さん。
そして「千と千尋の神隠し」「ハク」役の入野自由さん。

けっこう前からキャストは検討していたようで、
その後始まった金元さんのイカ娘は新海さんも気に入っており、
ツイッターでしばしば応援していたのをご覧になった方も
いるかと思います。

個人的には、「ナウシカ」役の島本須美さんが
参加していただいてるのが嬉しいですね~。
OVAの「ジャイアントロボ ~地球が静止する日~」も
大好きだったので感動もひとしおです。

発表されてないのでアレですが、
efに参加していただいた方も居て、良い声を再び聞く事ができました。


声が入ると本当に作品が締まって来ますね。

先日、声が入った映像を観ながら音楽打ち合わせを
したのですが、なんだか曲が良く聴こえる不思議(笑)

これに効果音が入ってくると、
また違ってくると思いますので楽しみですね。


[ 2010/12/22 22:04 ] 星を追う子ども | TB(-) | CM(-)

アフターレコーディング



先週末「星を追う子ども」のアフレコに行ってきました。
ちょっと音楽的にも関わりがあったので
ただの見学じゃなかったんですが。

実を言うとアフレコ現場に行くのって、
新海さん作品では「雲の向こう約束の場所」パイロット版以来、
という(笑)

「雲」本編と「秒速」のアフレコには行かなかったんですよね。
タイミングが合わなかったのか、
スタジオでじっとしてるのが苦手だったのか・・・。

でも久し振りに参加してみると、
自分がしゃべるわけでも無いのに緊張しますね。

現場もディレクションの方と監督のやりとり、声優さんとのやりとり、
緊張感がみなぎってます。

また、今回は参加する声優さんがいつもより多く、
こじんまりやってるのかな、なんて
イメージしていた自分はちょっと驚きました。

声優さんやそのマネージャーさん、いろいろなスタッフなどがおり、
実写のロケ現場、とは行かないまでも
その様子に驚きましたね。

収録の最中、スタジオは声優さんの声以外は
まったく静まり返っており、置いてあるお菓子などを
食べる音もはばかられるような雰囲気。

そんな中、あろう事か空腹の私のお腹が
「ぐ~」
と鳴ってしまったり(笑)
まぁ、そんな大きい音じゃないし録音に支障は無いので
全く問題無いですがなんかすごい恥ずかしかった(笑)

緊張感はありましたが、ディレクションの方が
時折、皆を笑わせたり、録音ブースの中でも和やかな様子が
うかがえたりしました。

収録は夜遅くまで及び、一番最後の主役の台詞を録り終えた時、
スタジオ内で拍手が沸き起こりました。
その場に居ただけなのに、ある種の達成感がありましたね。


収録を終えての食事の際、お店の席にドサっと崩れ落ちるように
着席し、疲労困憊、といった様子の監督でしたが、

「アフレコって他の作業に比べてお祭り的な要素がありますよね」

とおっしゃっていたのが印象的。

同時になんで今まで、自分は現場に行かなかったんだろうか、
と、ちょっと後悔するのでした。


blog20101215_02.jpg

[ 2010/12/15 18:06 ] 星を追う子ども | TB(-) | CM(-)
プロフィール

天門2009

Author:天門2009
1971年東京都生まれ。
本名:白川篤史
1990年PCゲーム会社
日本ファルコムに
サウンドとして入社。
12年を経て退社後、
minoriに籍を置きながら
新海誠監督の映像などの
アニメの音楽に従事。

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。